地域に、社会に、未来に
貢献できる企業を目指して。

弊社では長年、社会貢献活動に取り組んでまいりました。当初は「地域の皆様に喜んでいただきたい」という思いからスタートした活動ですが今では、私たちを成長させてくれる大切な機会となっています。

地域のなかで汗水流して体を動かす。地域の人々の生の声を聞く。被災地のリアルを学び、被災者の心に寄り添う。ご高齢者や子ども達と触れあう。未来について考える。

活動を通じて得られる新たな出会いや発見は、私たちの心を豊かにし、人間性を高め、新しいアイデアの種となっているのです。これからも地域に、社会に、未来に貢献でき、歓迎される企業を目指してさまざまな活動に取り組んでまいります。
活動概要
災害ボランティア
3.11東日本大震災を契機に、弊社では災害ボランティアに取り組んでまいりました。現地では炊き出し、住宅や避難施設の清掃など、被災者のみなさまのお役に立てる活動を行っております。また、被災状況調査も行い、今後起きうる南海大震災に向けての対応策も研究しています。
地域ボランティア
私たちは地域のなかで仕事ができることにいつも感謝しています。そのご恩返しとなるのが、河川や道路の清掃などの地域ボランティア活動です。ご高齢者には重労働となる「田役(灌漑水路の掃除)」も社員の若さと体力を生かして取り組み、地域の人々とのつながりを育んでいます。
学校教育への協力
弊社では学生のインターンシップ(企業実習)を積極的に受け入れ、未来ある人材の育成に貢献しています。また、弊社の技術者が工業高校・大学などへ出張し、技術的知識だけでなく、建設という仕事のやりがいや面白さ、技術者の誇りを伝える授業も行っております。
地域イベントへの協賛
高知を代表する「よさこい祭り」ではチームへの協賛を行い、地方車制作の技術的指導も支援しています。また、マラソン大会やトライアスロンなど県内市町村で開催されている地域イベントでは、協賛だけでなく社員自らが参加者となり、多方面から地域を盛り上げています。
Ecoの推進
「地球にやさしい企業」を目指してさまざまなEco活動を実践しています。社用車は低燃費車や軽自動車へ転換し、特に走行距離が多い部署についてはハイブリッド車を起用しています。また、節電やゴミの分別、コピー用紙のリサイクルなど社員一人一人のエコ意識の向上も図っています。
地域防災拠点
弊社は「南海トラフ地震に伴う津波でも浸水しない」「液状化や地盤沈下の恐れがない堅固な地盤」「県下全域へのアクセスが可能な場所」に位置しています。そこで地域の防災拠点となるべく、避難所に適合する耐震構造、自家発電装置、防災井戸を完備。さらに通信網が遮断された場合のための衛星電話や100人分の毛布と3日分の食料を備蓄。社会資本整備に携わる建設コンサルタントとして、高知県で大地震などの災害が起きた時に最も貢献できる企業でありたいと考えています。
協賛団体