最初は好奇心から。
今は測量のすべてが面白い。



西村 研了
調査測量課 係長


「測量」が私の仕事です。「測量」と聞いても、どんなことをする仕事なのか分からない人も多いと思います。昔の私がそうでした。その疑問が好奇心となって、私はこの世界に入ったんです。

一口に「測量」といっても幅が広く、基準点測量、水準測量、地形測量、河川測量、流量観測など、いくつもの分野に分かれています。すべての測量に共通していえることは「測量がすべての始まり」であるということ。その現場に対して一番最初に動く部署であり、すべての基準をつくる仕事です。影に隠れた目立たない存在かもしれませんが、私は測量のすべてが面白く、この仕事を選んで良かったと本当に思います。

建設コンサルタントという仕事を選んだきっかけ



普通高校に通っていて、「測量」という言葉を知っている程度でを学んだことは一切ありませんでした。でも、道路の脇で測量をしている人の姿を見て「どんな仕事なんだろう」と興味を抱くようになり、好奇心一つでこの世界に入りました。


仕事のやりがい

道路や橋などいろいろな建設計画があるなかで、すべての基礎資料をつくっているのが測量。建設コンサルタントの中でも縁の下の力持ち的存在であり、測量がすべての始まりであることがやりがいだと感じます。また、測量値に絶対はなく、私が測量した場所を他の人が測量すれば数字が違ってくるんです。そうした誤差をいかになくせるかが仕事の奥深さだと思います。


第一コンサルタンツの働きやすさ

社員に活気があって、雰囲気も良いです。現場で体を動かす仕事もあれば、頭を使うデスクワークもあり、そのバランスがちょうどいい。特に現場を終えた日の夜はビールがおいしい! それが幸せです。

学生さんへメッセージ


測量は目立たない存在かもしれませんが、すべての基準をつくることができる重要な仕事です。西から東までいろんな現場へも行ける楽しさもあります。ただ、山や田んぼ、市街地などあらゆる環境に行かなくてはいけませんので、体力は必須。現場では大きな声も出さないといけないので、まずは腹の底から声を出して挨拶することからはじめましょう。この業界で高知で働くなら「第一コンサルタンツ」がおすすめです!


調査測量課 係長 西村 研了
©2017 Daiichi-Consultants Co.,Ltd. All Rights Reserved.