地盤工学会 四国支部「令和元年度 技術研究発表会」に参加(2019/11/15~16)

地盤工学会四国支部令和元年度技術研究発表会が、11月15~16日に香川県坂出市の瀬戸大橋を望む会場(休暇村讃岐五色台)で開催されました。弊社からは、5名が参加し、下記の2編の研究発表をさせていただきました。

・「平成30年7月豪雨の降雨状況に関する一考察」片岡 寛志

・「路面陥没の原因と復旧工法に関する一考察」芝田 和仁

発表は、大学や高専などの学校関係者とコンサルタント・資材メーカーなどの民間が主体となり、①地質・堆積環境、②災害調査、③施工・現場試験、④室内試験、⑤耐震性・土構造物、⑥地盤調査、⑦特別話題提供に区別して行われました。
また、1日目の発表会の後に開催された交流会では、多くの先輩技術者と交流を図ることができ、参加した若手職員にとって、とても有意義な時間になりました。

今後とも弊社は、様々な学会活動に積極的に参加し、技術力向上と技術者交流を図りたいと思います。

技術研究発表会の開催状況 「路面陥没の原因と復旧工法に関する一考察」発表者:芝田 和仁
交流会の様子 参加した社員
会場から望む名物の夕日 香川名物のうどん

 

社内BCP訓練を実施(2019/11/15)

11月15日に令和元年度の社内BCP訓練を実施しました。

本日は、右城社長が不在のため青木常務を災害対策本部長として訓練を実施しました。

今回の訓練では、洪水による浸水被害を想定しました。

訓練に先立ち、2019年10月29日に高知県から公表された想定最大規模降雨における洪水浸水想定区域図等について学習しました。

今回公表された浸水想定によれば、国分川の洪水による本社位置での浸水が想定されます。

各班において、災害復旧調査等の業務実施に向けた確認作業を行い、浸水時を想定した課題を抽出しました。

訓練後は、浸水による孤立化を想定し備蓄食料の試食や簡易トイレの試用を行いました。

訓練で得た新たな課題を改善し、今後も防災対策を進めて行きます。

社内災害対策本部
洪水ハザードマップの学習
備蓄食料の試食

 

第8回ものづくり総合技術展(2019/11/07~09)

11月7日から9日までの3日間「ものづくり総合技術展」が開催されています。初日の7日には、会場の「高知ぢばさんセンター」は、県内の高校生や一般見学者で溢れていました。

第一コンサルタンツは、「IoT・ICTゾーン」に、Aiなど調査・測量関係のICTを出展しました。楠本部長が開発したカメラで顔認識して性別、年齢を当てるAI技術は生徒達がとても関心を示していました。

「地盤工学会四国支部創立60周年記念行事」に参加(2019/10/02)

地盤工学会四国支部創立60周年記念行事が香川県高松市のサンポート高松で開催され、弊社から社長の右城を初めとして総勢11名が参加させていただきました。

第一部の記念シンポジウムでは、四国支部における過去10年間のトピック的な研究と技術開発について6編のお話を聞くことができました。この内の1編は、右城の「高エネルギー吸収型落石防護ネット「ロングスパン工法」の開発」です。第二部の記念式典では、支部長挨拶、来賓祝辞、60周年経緯報告、表彰などが行われました。表彰では、弊社相談役でもある愛媛大学の矢田部名誉教授が、功労賞を受賞されました。第三部の祝賀会は、場所をJRホテルクレメント高松に移し、参加者全員で60周年を迎えた四国支部を祝いました。この記念行事には、約100名の方が参加をされ、大変な盛会となりました。

南海トラフ地震や豪雨災害など、四国における地盤工学の重要性は論を俟ちません。弊社では今後も地盤工学会の学会活動に積極的に関わっていくとともに、地盤工学分野における技術力向上に努めていきます。

記念シンポジウムで講演する右城 記念式典で支部長挨拶をする高知大学原教授
功労賞を受賞された矢田部名誉教授 盛大に行われた祝賀会

NPO法人日本ミャンマー交流協会を訪問(2019/09/17)

ヤンゴン市内にあるNPO法人日本ミャンマー交流協会を訪問し、高知市の観光地や文化、第一コンサルタンツの仕事内容などを説明してきました。ここではヤンゴン工科大学、医科大学、ミャンマー海事大学など一流の理工系大学を卒業した若者たち300名が、日本企業に就職するため日本語を勉強していました。

狭い教室で70名が日本語を学んでいた 弊社の右城社長が第一コンサルタンツの経営理念や仕事の内容を説明
弊社の酒井部長がドローンや3Dスキャナー、マルチビームなどの機器を用いた計測を説明

防災特別講演会「南海トラフ巨大地震への事前復興デザインを考える」に参加(2019/09/07)

9月7日(土)に高知工科大学において防災特別講演会「南海トラフ巨大地震への事前復興デザインを考える」が開催されました。

基調講演は、東京大学の羽藤英二教授から東日本大震災の復興や愛媛県南予地域の事前復興の取組等をふまえた今後の展開に関する内容でした。

次に南海トラフ地震対策のアプローチとして高知工科大学の磯部雅彦学長、岡村甫顧問、佐藤慎司教授、四国地方整備局の野本粋浩統括防災官、高知県の堀田幸雄危機管理部長からの講演がありました。事例報告では弊社設計部松本部長が県内の取組について報告しました。講演会は、中谷元 元防衛大臣、中西哲参議院議員など200名を越える聴講者で満員の盛会でした。

講演会で得た貴重な情報を今後の業務に活かしたいと考えています。

第54回地盤工学研究発表会(さいたま大会)の参加(2019/07/16~18)

令和元年7月16~18日、埼玉県さいたま市で開催された地盤工学研究発表会に、弊社から3名が参加しました。今年は地盤工学会創立70年を記念する大会であり、記念式典、特別講演会などの多彩な催しが開かれたとともに、多くの研究発表とそれに対する議論がなされていました。

弊社からは、ベテランの北澤と若手の公文が以下の研究発表をさせていただいたとともに、西川が四国支部幹事長として本部支部連絡協議会に参加しました。

若手の公文は、初めての全国大会参加であったことから準備段階から緊張していましたが、無事に発表を終えることができたとともに、広範囲にわたる最前線の研究や技術の発表を聞くことができ、多くの学びと経験を積むことができたと思います。

特別講演会では、前国土交通事務次官である森昌文氏が「国土交通行政が地盤工学会に期待すること」と題し、頻発する大規模な自然災害に対し、国土強靭化における地盤工学の重要性を説き、技術者や学会へ期待するところを理解しやすくお話をされていました。

弊社では今後も地盤工学会に積極的に参加し、地盤工学や自然災害に対する課題解決技術の向上を図っていきたいと思います。

◇発表論文

・北澤聖司:微地形の形成過程と地形・地質特性に着目した液状化発生要因の分析

・公文海斗:四万十帯の大規模地すべり地形における災害関連事業を活用した災害復旧事例

大宮ソニックシティで開催された発表会 満席の創立70周年記念特別講演会
発表する北澤氏 発表する公文氏

第一コンサルタンツよさこいチームの懇親会(2019/07/14)

この夏の「第66回よさこい祭り」から第一コンサルタンツのよさこいチームが満を持してデビューします。

踊り子88名、スタッフ26名の総勢114名の職場仲間を中心としたチームです。

祭り本番まで残り27日と迫りました。チームの一層の団結力を高めるため、総決起懇親会を開催しました。

貴重な日曜日であるにも関わらず振り付けをご指導いただいている樋口美加先生を始め77名が出席して下さいました。

樋口美佳先生から下記のようなお言葉をいただきました。

『このチーム、運営スタッフはもちろんのこと参加社員の姿勢と空気が違う。運営代表は、よさこいの経験はあるが新入社員。踊り子には年配の部長や課長など先輩方々が沢山いるが、そんな空気は一切ない。運営代表の指示で皆が真剣に取り組んでいる。チームワークが素晴らしい。こんなチームは初めて』

今年は初参加であるため大手筋本部競演場、帯屋町演舞場では踊ることができませんが、大いに存在感を示し、

「第一コンサルタンツは楽しそう」

「来年は第一コンサルタンツで踊りたい」

と思ってもらえるように頑張ります。