「第21回 国営讃岐まんのう公園リレーマラソン」へ参加(2020/01/12)

令和2年1月12日(日)、香川県の国営讃岐まんのう公園にて開催されたリレーマラソンに当社陸上部5名含む計8名の社員が参加しました。(吉田(直)、中平、髙橋(祐)、小松(由)、岩瀬、乾、吉田(萌)、川村)

大会当日は、社長を含む多くの社員が応援に駆けつけてくれました。

リクエスト曲(各チーム一曲のみリクエスト可能)では、当社社歌『ガードレール』を流させて頂き、第一コンサルタンツの一員であることの誇りを胸に走りました。

結果は,目標としていた2時間48分(1km4分ペース)を上回る2時間47分36秒(総合17位,職場仲間部門5位)でゴールし、見事目標を達成することができました。また、開始30分までは職場仲間部門内で3位にランクインするなど、大会を大いに盛り上げました。

出場した選手の皆さん本当にお疲れ様でした。また、県外にもかかわらず応援に来てくれた社長、社員の方々ありがとうございます。

次は3月に行われる安芸市駅伝競走大会に出場する予定となっています。その大会でもまた目標達成できるよう仕事も運動も頑張っていきますので引き続き応援の程よろしくお願いします。

◆結果

参加部門:42.195kmの部(職場仲間部門)

出場結果:2時間47分36秒(232チーム中総合第17位、部門別91チーム中第5位)

[ 大会ルール : 1周2000mのコースを21周回する/最低1人1周以上を走る/交代は何回でもOK ]

集合写真 乾選手から吉田(直)選手へ
吉田選手同士の襷リレー 左:吉田直起 右:吉田萌 小松選手から岩瀬選手へ
中平選手から髙橋選手へ 川村選手から小松選手へ
最後は全員でフィニッシュ

 

「高知就活対策セミナー」に参加(2020/01/06)

本日、高知会館にて高知就職ナビ主催の「高知就活対策セミナー」に参加しました。

各社3分間の会社紹介スピーチの後、ブースの訪問が始まりました。学生の方の中には、3分間の会社紹介スピーチで当社に興味を持ち、訪問してくださった方もおり、嬉しく思いました。

面談に来て頂いた学生の方、ありがとうございました。

◆次回の参加予定ガイダンス一覧

2月 20日(木) 高知就活対策セミナー(高知市文化プラザかるぽーと)

2月 21日(金) 高知就活対策セミナー(高知市文化プラザかるぽーと)

3月1日(日) 高知就職ナビ×ケンジン共催 就職ガイダンス(高知大学 朝倉キャンパス体育館)

3月6日(金) マイナビ就職セミナー高知(高知県民体育館)

3月11日(水) KENjIN就職フェア1(高知市文化プラザかるぽーと)

ぜひ、当社ブースにもお立ち寄りください。

社業繁栄祈願(2020/01/06)

新年あけましておめでとうございます。

本年も、第一コンサルタンツを宜しくお願い申し上げます。

社長の右城による年頭の挨拶の後、毎年恒例となった巨大絵馬に社員の抱負を込めて中堅社員~幹部社員で土佐神社に参拝し、社内安全・社業繁栄の祈願と絵馬を奉納致しました。

 

2020年 年頭の挨拶(2020年1月6日)

皆さん、新年あけましておめでとうございます。

正月休みは例年6連休ですが、今年は9連休でした。それぞれ充実したお正月を過ごされたことと思います。

 

1.年賀状

お正月の楽しみに年賀状があります。皆さんからたくさんの年賀状をいただきました。ありがとうございました。いただいた中で、添え書きのある年賀状をいくつかを紹介させていただきます。

  • 本年は、新技術の習得に向けて全力で努めます
  • 本年も情熱を持って仕事をして参ります
  • 仕事と育児の両立をうまくできるよう頑張っていきます
  • 一次試験合格お待たせしました。二次試験に向けて全力で頑張ります
  • 若手の教育をしっかりやります
  • 今年はマルチビームを活用して利益をあげたいと思います

このような年賀状をいただくと、「うちの社員は本当に頼もしい」と思います。どうか、初心を忘れることなく、目標達成に向けて頑張って下さい。

 

2.自然災害

昨年を振り返って見ますと、「日本列島が自然災害に対して如何に脆弱であるか」ということ改めて思いました。

9月の15号台風では千葉市で最大瞬間風速57.5m/sを記録し、電柱やゴルフ場の鉄柱が倒壊するなどの被害が発生しました。10月の19号台風では、関東、甲信越、東北が豪雨に見舞われ、各地で河川堤防が決壊し、100名を超える死者・行方不明が出ました。

これらは地球温暖化の影響だと言われています。しかし、日本は昔から自然災害が多く、それに対峙してきたという歴史があります。

昭和20年には三河地震や枕崎台風で6,000人を超える死者・行方不明者を出しています。昭和21年には南海地震などで1,500人、昭和22年にはカスリーン台風などで2,000人というように毎年、1,000を超える死者・行方不明者を出していました。伊勢湾台風があった昭和34年には5,900人の死者がありました。それ以降は、平成7年に6,400人の死者・行方不明を出した阪神淡路大震災がありましたが、これ以外は死者が1,000人を超えるような災害は発生していません。52年間、比較的穏やかな時期が続いてきました。

その結果、「自然を征服した、これ以上の土木事業は必要ない。コンクリートから人へ」と勘違いした考えが主流を占め、国の公共事業予算はピーク時の半分まで減らされています。近年の自然災害でようやく、政治家も目が覚めたように思います。たまたまこれまでの半世紀は、大きな災害がなかっただけです。「21世紀は災害の世紀」と言われています。災害にも周期性があって、これからは災害が頻発するように思います。

災害から日本を救うことができるのは建設産業です。その上流工程を担う技術者集団が、我々の建設コンサルタントです。どうか、自分の仕事に誇りをもって頑張って下さい。

 

3.昨年のわが社のトピックス

わが社の一年間を振り返って見ますと、昨年は当社が飛躍する前触れと思えるようなトピックスがいくつかありました。

7月に国総研から優秀業務表彰を受賞しました。この受賞には、3つの意味があります。

1つは、地方コンサルタントでは異例のことですが、国総研との信頼関係ができました。新年早々に新しい業務を受注できることになっています。

2つ目は、同業他社に先駆けて人工知能分野へ参入するチャンスができました。「AIを制する者が次の時代を制する」と言われています。当社が、飛躍するチャンスです。

3つ目は、國島先生との出会いがあり、当社の技術顧問になっていただきました。これにより、東京大学との大きなパイプができました。

8月には、よさこい祭りに、第一コンサルタンツのチームが初参加しました。当社の知名度が一気に上がりました。今後は、県内に第一コンサルタンツのファンが増えると確信しています。

9月には、ミャンマーのアマラワディ僧院に建設していた高等学校が完成し、その落成式と贈呈式をしてきました。日本では、少子化で優秀な人材の確保が難しくなっています。当社は、今後ミャンマーから優秀な人材を雇用できる環境が整いました。今年の秋には、愛媛大学のマスターコースで学んでいるアン君が当社に入社してくれる予定になっています。

12月には、マルチビームを導入しました。近年、山林が荒廃しています。その影響で、山林の土砂が流出し、河川やダム、港湾に堆積しています。今年の19号台風では、東日本の堤防が各地で決壊しました。土砂の堆積が大きな原因と考えられます。今後、河川、ダム、港湾で深浅測量の業務が増えると予想されます。マルチビームを持っていることが、受注に結びつくと予想しています。

その他のトピックスとしては、4月に弁護士の大森文彦先生、9月には東京大学名誉教授の國島正彦先生が当社の顧問に就任して下さいました。また、今日からは荒木一郎氏に技術顧問になっていただきます。今年の4月からは、ベテラン地質調査技士の原さんと田所さんが入社してくれることになっています。

昨年は統一地方選挙の年でありました。その関係で、河野太郎・外務大臣、中谷元・元防衛大臣、高野光二郎農林水産大臣政務官、足立敏之参議院議員が当社に来られました。また、桑名龍吾県議会議長が、経営方針発表会、忘年会にご臨席下さいました。

昨年は、「人の縁に恵まれた」年であったとように思います。

武者小路実篤の言葉に「龍となれ、雲自ずと来る」という言葉があります。「志が高ければ、いろいろなところから思いがけない協力者や賛同者が表れる」という意味です。

第一コンサルタンツは、今、まさに龍になりつつあります。

 

4.今年の計画

1月から徳島事務所が営業を開始します。当面は、楠本部長と新疆ウルムチ自治区から徳島大学に来ている女性との二人体制ですが、徳島大学と連携し、人工知能分野の委託業務もしながら研究開発をすることにしています。

4月からは、地質調査部門を設立します。これまでは、ボーリング調査や原位置試験はアウトソーシングをしていましたが、これからは新しく入社していただく原さん、田所さんを中心に自前でやります。

6月には、ミャンマーのアマラワディ僧院に寄贈した高等学校の開校式が予定されています。ミャンマーと本格的な交流が始まります。

 

中国の古典「月令広義」の中に、「一日の計は朝にあり、一年の計は正月にあり、一生の計は勤勉にあり」と言う言葉があります。

「一日が良い日になるかどうかは朝の計画で決まり、一年が素晴らしい年になるかどうかは正月の計画で決まり、人の一生は勤勉に働くかどうかで決まる」という意味です。

令和2年は、当社が創立57周年を迎え、大きく飛躍する年にしたいと思っています。仕事の計画、資格取得の計画をしっかり立て、そして効率よく勤勉に働き、素晴らしい年であったと思えるような一年にしましょう。

令和2年が皆様にとりまして、幸せの多い年になりますことと、一歩でも成長できる年になることを祈念しまして年頭の挨拶とします。

令和元年度 忘年会(2019/12/27)

仕事納めとなる本日は、午後から社員全員で大掃除の後、三翠園において忘年会を行いました。

今年は例年と違い開会の前に余興として、世界的なファイアーパフォーマーのDai Zaobab様と奥様の歩様によるファイアーショーを室外の中庭にて鑑賞しました。迫力のあるファイアーダンスに社員はもとより、ホテル中が寒さも忘れて大興奮しました。その後室内にて、社長挨拶、来賓のご紹介・挨拶と続き、高知大学の原教授の乾杯で開会いたしました。恒例となっているお楽しみ抽選会では、くじ引きによる豪華賞品の抽選を行い、大いに盛り上がり一年の疲れを労い合いました。

本年もお世話になりました。令和2年も,さらなる飛躍の年となるように精進してまいりますので、新年も第一コンサルタンツをどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

導水トンネルの点検(2019/12/24)

既設トンネルに近接して新たなトンネルを掘削する場合、その近接度合いや地質状況によっては、既設トンネルに変形や損傷などの影響が発生する場合があります。

今回、既設のダム導水トンネルに近接して、道路トンネルの掘削工事が完了したことから、その影響の有無を確認するための点検を実施しました。

導水トンネルですので内部は真っ暗闇ですが、ヘッドライトや懐中電灯の明かりを頼りに、慎重かつ安全に点検作業を行い、無事に作業を終えることができました。

一般の方々の目に触れることが少ないインフラの維持管理ですが、地域の方々の生活を支える大切な施設を守るためには重要な仕事です。今後も弊社は、地域のインフラを守る仕事を、積極的に行っていきたいと思います。

地理空間情報の活用に関する高知地域連絡協議会(2019/12/19)

表記協議会が高知県教育会館高知城ホールであり、右城社長と設計部防災まちづくり課の長崎課長が高知県測量設計業協会を代表して出席しました。

この協議会は、地理空間情報の効果的な活用を推進するため産官学によって構成され、今回が12回目の開催でした。産業界からは弊社の2名、学界からは高知工科大、高知大、官界からは国土交通省(6名)、高知県(12名)、市町村(23名)が出席しました。

右城社長が開催の挨拶を述べ、長崎課長は「防災減災対策における地理空間情報の活用事例」を発表しました。

徳島大学美土利会主催「合同業界研究セミナー」に参加(2019/12/16)

本日、徳島大学工学部工業会館において、徳島大学美土利会主催の「令和元年 合同業界研究セミナー」が開催されました。

弊社からは、橋梁構造課の前田技師長(徳島大学OB、美土利会岡山支部長)、採用担当の総務部から芳川部長、高橋の3名が参加しました。

訪問学生の中には、具体的に自分のやりたいことを決めている学生さんもおり、徳島大学現役学生の今感じている思いを感じる事が出来ました。

昨年度に続き7回目の参加となりますが、主催者の徳島大学美土利会のご尽力に感謝いたします。

会社見学に来社【高知高専1年生】(2019/12/16)

本日、高知県工業会主催の高知高専交流事業の一環として、高知工業高等専門学校ソーシャルデザイン工学科1年の学生43名、随行の先生2名が当社の見学に来られました。

はじめに、社長の右城より挨拶をした後、当社の概要説明動画を視聴して頂きました。

その後、空間調査課の森木より3D計測技術の紹介を致しました。

UAVやマルチビーム・レーザースキャナーを使うとどんな計則が出来るのかを動画や写真を見て頂き学んで頂きました。

次に、取締役部長の楠本より人工知能についてお話し致しました。人工知能    とはどういうものか。

実際の現場でどういう風に使うのか・人の顔を映し出し年齢と性別をあてる等学生の方にも実際に体験して頂きました。

学生も興味津々で楽しそうな笑顔が見れました。

一時間という短い時間でしたが真剣に説明を聞く学生の姿に、とても将来が楽しみに感じました。

引率の先生方にはお忙しいスケジュールの中、当社を選びお時間を割いて頂き感謝いたします。

 

高知県橋梁会第3回研修会(2019/12/13)

表記の研修会が高知会館であり、弊社からは橋梁会会長の右城社長をはじめ20名が出席しました。

設計部の須内部長は「ミャンマーに高等学校を寄贈」と題して、ミャンマーはどんな国か?、なぜ高等学校の寄贈か?、起工式・落成式の模様、これからの課題について発表しました。

研修会後の忘年会では、矢田部取締役が乾杯の音頭をとり、高知のお客が賑やかに始められました。