社業繁栄祈願(2015/01/05)

 新年あけましておめでとうございます。

本年も、第一コンサルタンツを宜しくお願い申し上げます。

社長の右城による年頭の挨拶の後、毎年恒例となった巨大絵馬に社員の抱負を込めて

幹部社員で土佐神社に参拝し、社内安全・社業繁栄の祈願と絵馬を奉納致しました。

ラジオドラマ「恋文~おまんが好きぜよ!」に協賛(2015/01/28)

(ラジオ放送に先駆け、絶賛WEB配信中 バナーをクリック!)

 

弊社は、ラジオドラマ「恋文~おまんが好きぜよ!」(高知観光大使 OTOGI 河村泉兵衛氏 脚本他)

に協賛しています。(原作者は高知の作家である中田文先生)

「高知を守り、元気にする!」をスローガンにしている弊社も、その家族愛に共感いたしました。

エフエム高知での放送開始は、2015年2月4日より毎週水曜日 12時45分~13時00分放送。

heart warmingなひとときをお楽しみください。

「まほろばクラブ南国会員」1,000人達成感謝祭に参加(2015/01/24)

1月24日に南国市立スポーツセンターにて、弊社が協賛している南国市の総合型地域スポーツクラブ「まほろばクラブ南国」が会員1,000人達成感謝祭を開催いたしました。高知県内の総合型地域スポーツクラブでは唯一の会員1,000人達成となりました。

 感謝祭では、開会セレモニーの後「次世代を担う子どものコーナー」と「元気に医療費削減コーナー」と題したセミナーが開催されました。セミナー終了後には、4,000個のお餅投げが行われ、今年は1,500人を目指すと話していました。また、感謝祭の参加者には、豚汁のおもてなしも行われていました。

 今回、このような感謝祭が開催され、弊社も協賛企業として地域貢献出来たことが、とても良かったと思います。

「元気に医療費削減コーナー」のセミナー風景
4,000個のお餅投げの風景

「第15回高知県建設技術研究発表会」に参加(2015/01/23)

 平成27年1月23日に高知県建設技術公社主催の「第15回高知県建設技術研究発表会」が、高知市春野文化ホール「ピアステージ」で開催されました。弊社からは、地盤防災課の奥村と橋梁構造課の西森が以下の題目で発表しました。

 

地盤防災課 奥村:「四国地方における巨大地震・津波災害時の緊急災害時の緊急輸送手段に関する研究」

※奥村の論文は、高知工科大学 五艘先生との共同論文です。

奥村の発表は、南海トラフ地震に向けた斜面防災を考慮した緊急輸送手段の検討で、斜面防災を考慮し、課題を取りまとめ、具体的な緊急輸送手段を検討したものです。

 

橋梁構造課 西森:「ビデオ解析による落石運動速度の予測法」

※西森の論文は設計2部 部長の楠本との共同論文です。

西森の発表は、物体の運動速度を直接計測することは困難であることに着眼し、ビデオ映像より簡易的に速度を計測する手法を示したもので、この手法を今後、津波などの様々な自然災害へ応用し、南海トラフ地震への備えとしての、活用について示したものです。

本研究発表会では、10編の発表がありましたが、西森が特別賞をいただきました。

この受賞に満足することなく、さらなる研究を行っていきたいと考えています。

  

「第9回南海地震四国地域学術シンポジウム」に参加(2015/01/20)

 1月20日にサンポート高松にて公益社団法人土木学会四国支部が主催する「第9回南海地震四国地域学術シンポジウム」が開催され、地盤防災課の橋口が参加してきました。

講演者の中には、足立敏之 国土交通省顧問(前国土交通省技監)もおられ、最近の自然災害に対する土木設備の重要性を説かれていました。更に、東日本大震災時TEC-FORCE(緊急災害対策派遣隊)として発災直後の東北へ向かい、その状況を把握、対応した松山芳士氏の貴重な話も聞くことが出来、とても勉強になるシンポジウムでした。

 規模の大きい災害が頻発している近年、土木技術者が担う社会での役割を再認識する一日でした。この日聞いた事を踏まえながら防災意識を持ち、より質の高い成果を上げていく努力をしていきたいと思います。

  

「第1回ホワイト企業大賞表彰式・記念講演会」に参加(2015/01/17)

六本木にある国際文化会館で第1回ホワイト企業大賞表彰式・記念講演会があり、弊社からは右城社長と青木常務が参加しました。

ホワイト企業とは、「社員の幸せと働きがい、社会への貢献を大切にする経営をしている企業」です。まさに、第一コンサルタンツが目指している経営です。第1回目の大賞は、未来工業株式会社とネッツトヨタ南国株式会社が受賞されました。

 

未来工業(昭和40年創業)は、「日本一社員を幸せにする」という経営理念の下に、「残業禁止」「定年は70歳」「年功序列」「売上目標、利益目標なし」「成果主義禁止、ノルマ禁止」「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)禁止」「指示・命令禁止」という信じがたい経営をされています。

ネッツトヨタ南国(昭和55年創業)は、創業以来一貫して「社員の幸せ」を追求し、平成14年に「日本経営品質賞」を受賞しています。また、全国のトヨタ販売会社(約300社)の中で調査開始以来11年連続「顧客満足度ナンバー1」を誇っています。

 

このような夢のような経営をしつつ、未来工業は売上高352億円、経常利益52億円(利益率業界一)、ネッツトヨタ南国は売上高50億円という素晴らしい業績を上げています。両社から経営の極意をつかみたいというのが参加の動機でした。

 

講演会の後の懇親会で、未来工業の山田雅裕社長、ネッツトヨタ南国の伊藤俊人取締役から、酒が入らなければ喋ってもらえない本音の話を聞くことができました。また、ホワイト企業大賞の企画委員である(株)エミネクロス社長でスポーツドクターの辻秀一先生からは、「アスリートは人一倍訓練し、社員は人一倍働かなければ優れた結果を出すことができないのは当然のこと。要は、それを苦に感じるのではなく機嫌良くできるようにすることである」という貴重なアドバイスをいただきました。

大賞受賞者の未来工業の山田雅裕氏とネッツトヨタ南国の伊藤俊人氏、記念講演の講師をされた天外伺朗氏、横田英毅氏、企業大賞企画委員(後列)の記念撮影
「モンスーンカフェ」に会場を移して懇親会。冒頭に挨拶をするネッツトヨタ南国の創業者で取締役顧問の横田英毅氏。
乾杯の音頭をとられた未来工業の山田雅裕社長。
懇親会で横田氏や山田氏の挨拶に熱心に耳を傾ける弊社の青木常務取締役。

「第8回橋梁模型コンテスト」に参加(2015/01/10)

 本日、高知県立高知工業高校にて「第8回橋梁模型コンテスト」が開催され、弊社の右城社長が審査委員長、設計二部の前田技師長が審査員として出席しました。参加チームは、高知工業高校5チーム、安芸桜ヶ丘高校2チーム、計7チームのエントリーがあり、優勝は軽量化を図りつつデザイン性にも優れた高知工業定時制Bチームでした。模型の審査は、強度・構造性やデザイン性・軽量性の3項目で評価されますが、毎年完成度が高い模型ばかりであり、高校生の頑張りや先生方の熱心な指導の賜物だと思われます。

今回、弊社もオープン参加し、40kgの載荷試験にチャレンジしました。残念ながら耐えることが出来ませんでしたが、模型製作技術の経験不足が敗因になったと思います。今回の体験は技術者として、初心に立ち返る良い経験でした。

  

社内表彰(2015/01/05)

 平成26年11月13日~14日に開催された平成26年度地盤工学会四国支部技術研究発表会において、優秀発表賞を受賞した橋梁構造課 西森を社内表彰し、社長より表彰状・金一封が手渡され、労いの言葉が掛けられました。