台湾国立中央大学の王教授ら6名が当社を訪問(2016/11/18)

台湾国立中央大学土木工程学科の王仲宇教授ら6名が当社を訪問しました。

王先生らは高知県が「ものづくり総合技術展」に台湾から招聘した一行であり、防災関係に興味があるとの事でした。当社では1時間にわたり当社の防災やBCPへの取り組み、社屋の防災設備について説明・視察して頂き、活発に意見交換させていただきました。

特に王先生は台湾における橋梁維持管理の第一人者であり、今後引き続き交流を深めてゆき、相互に技術向上を図りたいとの意見で一致しました。

 

 

 

第10回第一セミナーを開講(2016/11/28)

さる11月28日に、第10回第一セミナーを開催しました。今回は応用地質(株)の上野将司顧問による「建設工事と地盤のトラブル」と題した講演を本社1F研修室にて開催しました。講演は上野さんのこれまでの経験を凝縮した非常に有意義な内容でした。

我々、設計技術者は、構造物を構築する周辺の狭い範囲の地形のみに着目してしまいがちであるが、その地形のなりたちを理解するにはもう少し広い視野で「地形を見る」ことが大切であることを理解することができました。

実は当社での上野さんの講演は、平成24年11月に続いて2回目である。遠い高知まで来てくれることには、とても感謝しています。

 

第9回第一セミナーを開講(2016/11/16)

さる11月16日に、第9回第一セミナーを開催しました。今回は(株)フジタ建設コンサルタントの鈴木清理事による「私の技術士受験体験から皆さまへ」と題した講演をいただきました。

鈴木さんは国土交通省を退職直後に技術士一次試験、二次試験と受験し合格しました。その経験を弊社の受験者に伝えていただきました。特に時間を有効に利用することや3つの「ション」(①ミッション:使命、②パッション:情熱、③アクション:行動)の必要性の話をいただきました。

このセミナーから弊社の来年の技術士受験がスタートしました。

 

「第5回ものづくり総合技術展」に弊社も出展(2016/11/17)

 平成281117()19()の三日間、高知ぢばさんセンターにおいて『第5回 ものづくり総合技術展』が開催されています。高知県内の優れた技術・製品の紹介や、商談の場を設けることで高知県の「ものづくりの地産地消」と「地産外商」を一層推進することを目的とした展示会です。

弊社も防災技術ゾーンにブースを出展しており、弊社ではシミュレーターによるドローン飛行体験や橋梁点検時の通行止めをなくすことの出来る「移動式吊り足場」等の技術を紹介しています。

本日は、台湾国立中央大学土木工程学科の王教授も展示会に参加しており、弊社の技術を紹介させて頂きました。

 

当展示会は、19()まで開催していますので、会場にお越しの際には是非ブースにお立ち寄り下さい。

 

 

「第5回 中土佐タッチエコトライアスロン」に9名が出場(2016/11/06)

 今年は、個人の部に西川部長が挑戦しました。リレーの部には、第一コンサルタンツ2チームと高知大学の原研究室との連合1チームの計3チーム出場し、弊社から以下の社員が出場しました。

1.第一コンサルタンツ・高知大学原研究室連合チーム

(スイム:明神 バイク:石川(高知大学) ラン:吉田)

2.第一コンサルタンツAチーム(スイム:有澤 バイク:阿部 ラン:泉)

3.第一コンサルタンツB(スイム:尾﨑 バイク:那須 ラン:中平)

 

右城社長の競技スタートの合図とともに個人の部251名、リレーの部31チーム(93)のゼッケンを付けたアスリート達が競い合いました。その中には、堀江貴文さんや道端カレンさんも出場されていました。弊社出場チームの結果は、見事に全員完走。また、第一コンサルタンツBは惜しくも4位で入賞とはなりませんでしたが、3位との差が46秒という非常に惜しい結果でした。来年は入賞を目指して頑張りたいと思います。

 

  

  

  

 

第一コンサルタンツB( 尾﨑 ・ 中平 ・ 那須 )
第一コンサルタンツ・高知大学原研究室連合チーム ( 石川(高知大学) ・ 吉田 ・ 明神 )

 

個人出場(西川部長)
第一コンサルタンツAチーム( 泉 ・ 阿部 ・ 有澤 )

「平成28年度 大学説明会・情報交換会」に参加(2016/11/02)

本日、高知工科大学にて開催された「平成28年度 大学説明会・情報交換会」に参加しました。

13時30分より講堂において、学長から大学の概要説明、就職センター長よりキャリア形成支援についての説明がありました。その後、4階フロアにて担当学生のプレゼン、各研究室の見学ツアーに参加しました。景観デザイン研究室では、一年間の太陽の動きから影の動きをシミュレーションした景観のCGも見せて頂き、凝った事をしていると感心しました。

今回、このような機会を与えて頂き、ありがとうございました。

 

 

国土交通省主催の「防災総合訓練」に参加(2016/11/5)

 11月5日は国連総会で制定された「世界津波の日」である。その日に高知市仁井田の高知新港をメイン会場にした防災総合訓練が開催された。この訓練は国土交通省が主催者となり、自衛隊、警察、消防をはじめとした94機関の協力により開催され、石井啓一国土交通大臣も参加された非常に大規模な防災総合訓練である。

 

弊社は、建設コンサルタンツ協会の一員として「ドローンによる情報収集訓練」とその展示をさせていただいた。情報収集訓練は、空間情報課長の酒井、以下3名が実際にドローンを飛行させ訓練に参加した。また、石井国土交通大臣が我々のブースへ立ち寄った際には、設計部長の西川がドローンの説明をさせていただいた。さらに種崎のサテライト会場では、設計部次長の松本、以下7名が地元住民を含めた約1,300人の避難訓練に参加した。

今回の総合防災訓練は約3,000人が参加し、南海トラフ地震の際の各機関の動きを実践し、その内容を点検・確認していった。訓練に参加した弊社職員は、このような大規模な総合防災訓練に参加させていただき、「高知を守る」企業としての使命を再認識することができたと思う。