高知農業高等学校で測量実習(2022/06/10)

「測量の日」関連事業として、毎年、国土地理院の主催で地図と測量に関する理解を深めていただくことを目的に「測量・地図学習会」が開催されています。今年は高知県立高知農業高等学校の環境土木科2学年生(17名)を対象に、国土地理院による講義と高知県測量設計業協会による測量実習を行いました。

測量実習には、弊社から7名が講師として参加し、UAVの飛行、地上レーザスキャナによる3次元計測、GNSS測量機と電子平板による3次元座標の観測、UAVレーザ測量機器や自動追尾TSの展示・説明など、最新の測量技術に関する実習を行いました。

UAVの飛行 地上レーザスキャナの3次元計測
GNSS測量機と電子平板による観測 UAVレーザ測量など最新測量技術の説明

足立としゆき高知市決起大会(2022/06/04)

2022年第26回参議院選挙に建設産業界の代表として、足立としゆき先生が2期目として挑戦されます。

わが国が経済成長し、先進国として遅れることなく発展してゆくためには、足立としゆき先生に頑張っていただかなければなりません。

セリーズで開催された「足立としゆき高知市決起大会」に、わが社から21名が出席しました。

 

「土木学会四国支部賞受賞」(2022/05/27)

土木学会四国支部総会が香川県高松市で開催されました。総会では、令和3年度土木学会四国支部賞の表彰式が行われ、受賞者を代表して弊社から2名が出席しました。

支部賞受賞は下記の2部門です。

【技術活用賞】

業績名:「土木遺産のレンガ積み覆工からなる山岳トンネルの補修補強計画」

受賞者:西川徹、公文海斗、芝田和仁

【地域技術賞】

業績名:「被災した落石防護柵の吸収エネルギーの推定と等価摩擦係数法による落石運動エネルギーに関する考察」

受賞者:岩瀬誠司、右城猛、長山学史

今回の受賞論文は、いずれも高知県における課題・目標に向けて会社全体で取り組んできた業務・研究で有その功績が認められ受賞となりました。

今後も地域を守る会社として、高知県の課題解決に向け全力で取り組んでいきたいと考えております。

ミャンマー社員が南国市市長を表敬訪問(2022/05/09)

本日、ミャンマー社員3名は、右城社長と共に南国市の平山市長を表敬訪問致しました。

同社員3名は先月15日に来日、コロナ感染症対策の自宅待機を経て、21日から出勤していますが、南国市内に住民登録をしたこともあり、本日の訪問となりました。

面談の中、右城社長は今回のミャンマー人材採用に至る経緯を説明。3人からも日本との気候の違いやミャンマー国内の状況等について話をさせていただきました。

平山市長からは、『1日も早く日本での生活に慣れ、将来的には日本とミャンマーの架け橋的な存在となって活躍されることを期待しています。』とのお言葉を頂戴しました。

高知市トイレトレーラー導入に協力(2022/4/25)

昨年、高知市は”災害派遣トイレネットワークプロジェクト「みんな元気になるトイレ」”(注)への参画を決定。同市からのトイレトレーラー購入資金の支援への呼びかけに対して、当社は100万円の寄付をさせていただいておりました。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で納車が遅れていましたが、今般、納車となり、本日のお披露目会では、岡崎市長より当社を含む4社に感謝状が贈呈されました。

トイレトレーラーとは、災害時を想定して製造された新しいタイプの移動設置型のトイレで、洋式水洗トイレを4室配置、個室の中は広く、換気扇と小窓があり、衛生的な使用が可能。また給水タンク、汚水タンクを備え、屋根には太陽光パネルも配備。 外部電力との接続や太陽光充電機能により、数ヶ月に及ぶ避難生活にも対応が可能です。

大規模災害時には停電や断水等で水洗トイレは使用できず、トイレに行く回数を減らして水分摂取を控えると、エコノミークラス症候群や持病の悪化を招き、災害関連死に繋がることもあるため、避難所におけるトイレ対策は、生活環境向上への最重要項目に位置付けられています。

当社は“高知を守る”をミッションとして、県内各自治体の地域防災計画の策定等にも積極的に取り組んでいますが、これからも、様々な形で地域の発展に貢献していきたいと考えています。

 注)同プロジェクトは、全国の約1,700市町村が1台ずつトイレトレーラーを常備し、被災した時には被災していない自治体がトレーラーを派遣して助け合うネットワークの構築を目指すものです。

小学新一年生に「さんかく鉛筆を贈呈」(2022/03/30)

大豊町、本山町、土佐町を訪問し、大豊学園、本山小学校、吉野小学校、土佐町小学校の新一年生に「さんかく鉛筆」を贈呈させていただきました。

この活動は、「全国で一番、えんぴつを正しく持てる高知県にするため、高知県下の新一年生全員にさんかく鉛筆を届ける」という株式会社コッコ・サンの理念に賛同して2015年から実施しているものです。

 

 

高知県起震車更新プロジェクトに協力(2022/3/29)

本日、高知県庁にて、起震車更新プロジェクトへの寄付金に係る感謝状贈呈式が開かれ、同プロジェクトへの協力により車体に企業名等を掲出できることとなった弊社を含む4社が、濵田県知事から感謝状をいただきました。

現在、県では2台の起震車を保有していますが、1台は運行開始から13年超となり、更新が必要となっていました。 起震車は県民が地震による大きな揺れを体験できる県内唯一のツールであり、県は引き続き2台体制で小学校や中学校の生徒に3年間で少なくとも1回は揺れを体験するように運用する他、市町村や自主防災組織が行う防災訓練やイベント等への派遣を計画しています。

当社は“高知を守る”を企業使命として、県内各自治体の防災計画の策定等のお手伝いもしていますが、今後も色々な形で地域に貢献してまいります。

 

 

「KENjIN就職フェア1」に参加(2022/3/18)

本日、高知市文化プラザかるぽーとにてKENjIN主催の「KENjIN 就職フェア1」(参加企業は弊社含めて22社)に参加しました。

各社3分スピーチの後、ブースの訪問が始まりました。今回はタイムスケジュール制を導入しており、企業のスピーチ終了後に学生さんが面談を希望する企業ブース へ事前予約をする時間が設けられていました。学生の方からも具体的な質問も多く、就職活動に対して積極的な姿勢が感じられました。面談に来て頂いた学生の方、ありがとうございました。

 

「健康経営優良法人2022(大規模法人部門)」3年連続で認定(2022/03/09)

3月9日付けで、当社は経済産業省が行う2022年度の「健康経営優良法人認定制度」の大規模法人部門に認定されました。

同制度は地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

同部門に認定されたのは全国で2299法人、高知県内では9法人、四国島内でも39法人のみであり、選定された企業の顔ぶれを見ても、蒼々たる企業が名を連ねており、大変名誉ある認定となりました。

当社は今後も健康経営に邁進して参ります。