第6回女性技術者育成功労賞の受賞(2019/08/08)

弊社の設計部河川砂防課課長補佐の冨永が、一般社団法人技術同友会が主催する「第6回女性技術者育成功労賞」を受賞しました。本賞は産業界における女性技術者の活躍の場の拡大を推進・支援するために、女性技術者育成において顕著な成果を上げた個人の功績をたたえたもので、日本を代表するような企業・個人と肩を並べての受賞となりました。

冨永は、自らが女性技術者のロールモデルとなり、社内の女性技術者数の大幅な拡大と活躍推進に貢献したことが評価されました。

表彰式は、令和元年8月8日に東京大手町にある経団連会館で開催されました。式には産業界の著名な方々も出席されており、盛大ですが非常に和やかな雰囲気で表彰記念パーティーまで開かれました。

弊社は従来からダイバーシティ経営を行ってきていますが、今後もより一層、女性技術者が働きやすい環境を整え、女性の労働機会・活躍の場を拡大していきたいと思います。

技術同友会の立川代表理事からの授与 7名の受賞者との記念撮影
技術同友会ダイバーシティ推進委員会委員長富永氏と歓談する冨永 表彰状 

8月9日(金)の建設通信新聞(2面)に下記の記事が掲載されました。

詳細はこちらをクリック→建設通信新聞

8月30日(金)の建通新聞(10面)地域ニュース欄に下記の記事が掲載されました。

詳細はこちらをクリック→建通新聞

高知市男女共同参画推進企業表彰(2019/08/01)

高知市役所で、岡崎誠也市長から直々に表彰状をいただきました。詳細はこちらをクリック→表彰状(男女共同参画)
今年の受賞企業は当社を含め3社でした。
当社が表彰を受けた理由は、下記のようです。当社のこれまでの取組がこのように評価され大変光栄です。

①男性社員の育児休業取得実績あり、子の介護休暇が時間単位で取得可能、仕事と介護の両立を支援する取り組みなど、仕事と家庭生活の両立支援に取り組んでいる。
②社内セミナーを数多く開催するなど積極的な人材育成の推進、社員の健康支援の取り組みがなされている。
③ホームページ上で女性の声の発信を行なっており、女性の活躍を応援する取り組みになっている。

 

国総研で優良業務・優秀技術者表彰(2019/07/16)

つくばの国土交通省国土技術政策総合研究所(国総研)で所長による表彰式がありました。

第一コンサルタンツは、「建設現場における労働生産性データ取得及び施工効率化要件整理業務において優秀な成果を挙げ、国土交通行政の推進と技術の向上に貢献した」という理由で優良業務表彰を受けました。また、業務を担当した楠本雅博部長が優秀技術者表彰を受けました。

国総研では1年間に二百数十件の委託業務を発注しています。その中から優良業務21件、優秀技術者28名が選ばれ、伊藤正秀所長から表彰状が一人ひとりに手渡されました。

第一コンサルタンツ以外はすべて中央の大手コンサルタントか、東京あるいはつくばに支店を置くコンサルタントでした。

第一コンサルタンツの歴史を飾る記念すべき日となりました。

8月16日(金)の建設通信新聞(8面)地域ニュース欄に下記の記事が掲載されました。

詳細はこちらをクリック→建通新聞(8.16)

高知商工会議所主催「令和元年度 優良従業員表彰」に参加(2019/06/28)

毎年、高知商工会議所では、当所会員事業所に➀永年勤続することで事業所に貢献、または、➁企業の発展に特に寄与した従業員の方々に向けた「優良従業員表彰」を開催しています。

当社も昨年度より当表彰式に参加しており、今年度は➁の理由により、道路交通課 中山 秋人さんを推薦致しました。表彰式は同日、高知商工会議所で行われました。

「平成30年度 日本道路協会 会長奨励賞」を受賞(2019/06/14)

公益社団法人 日本道路協会の定時総会が、東京都ホテルグランドアーク半蔵門で開催され、弊社から2名が出席しました。

総会では、「平成30年度 日本道路協会 会長奨励賞」の表彰式が行われ、設計部道路交通課の齋藤が受賞しました。

本賞は、自らの創意工夫を加え、その後の業務遂行に多大な成果をあげた者を表彰し、道路技術の進展に寄与することを目的としたもので、道路に携わる概ね40歳までの技術者で新設・改築・維持修繕及びその他の管理、並びにこれらに係わる広報において、尽力し顕著な功績があった個人を称えるものです。

今後も建設コンサルタント業務を通じて、より良いインフラストラクチャーの整備を行い、地域に貢献できるよう努力します。

「はばたく中小企業・小規模事業者300社(高知県では2社選定)」に選定(2019/06/04)

この度、中小企業庁の「はばたく中小企業・小規模事業者300社(高知県では2社選定)」に選定され、経済産業大臣より感謝状を頂きました。

感謝状は、「ITサービス導入や経営資源の有効活用等による生産性向上、積極的な海外展開やインバウンド需要の取込み、多様な人材活用や円滑な事業承継など、様々な分野で活躍している中小企業・小規模事業者」に贈られるものです。

当社は平成28年度に、3DレーザースキャナおよびUAVを用いた3次元測量システムを導入しました。その後、操作技術力、精度の向上に努め、現在では国土交通省を始め、地方自治体および民間企業からも多数の業務を頂き、好評を得ています。

なお、本件は経済産業省のホームページにも公表されています。弊社は今後もより一層努力をしていく所存です。

「土木学会四国支部総会」に参加(2019/05/31)

土木学会四国支部総会が高知市三翠園で開催され、弊社から4名が出席しました。

総会では、平成30年度土木学会四国支部賞の表彰式が行われ「小規模落石の防止を目的としたSRフェンスの開発」の題で技術開発賞を「災害関連事業を活用した迂回道路トンネルによる地滑り災害の復旧計画」の題で地域技術賞を「地域の実情に応じた避難所運営マニュアル作成の取組」の題で地域貢献賞を受賞し各代表として片山、齋藤、松本が表彰状授与を受けました。

今回の受賞論文は、いずれも高知県における課題・目標に向け会社全体で取り組んできた業務・研究でありその功績が認められ受賞となりました。

今後も地域を守る会社として、高知県の課題解決に向け全力で取り組んで行きたいと考えております。

「第19回 高知県建設技術研究発表会」にて奨励賞を受賞(2019/01/25)

平成31年1月25日に開催された「第19回高知県建設技術研究発表会」(公益社団法人 高知県建設技術公社主催)にて設計部橋梁調査課の片山が奨励賞を受賞しました。

発表内容は、平成29年11月に発生した四万十川に架かる沈下橋「岩間大橋」の橋脚座屈に関する調査とその手法に関する論文です。

弊社では今後もこうした論文発表の場に積極的に参加し、技術力の向上に努めて参ります。

発表題目:「四万十川に架かる沈下橋の損傷事例と調査方法」

 

当社社員が優秀発表賞を受賞(2018/12/06)

平成30年11月9日~10日に開催された、「平成30年度 地盤工学会四国支部技術研究発表会」において、防災まちづくり課の岩瀬誠司が優秀発表賞を受賞しました。

発表内容は、平成30年5月に一般国道の山留擁壁の被災を受けて、被災原因とメカニズムを明らかにしたものです。
今年度入社の岩瀬が、はじめて災害対応にあたった案件であり、今後も業務や研究発表等を通してさらなる技術力の向上に努めたいと思います。

発表題目:「水圧による山留擁壁被災の原因とメカニズムに関する一考察」

 

高知県商工会議所連合会 平成30年度優良従業員表彰

10月23日に開催された高知県商工会議所連合会の第59回議員大会において、河川砂防課の冨永敏絵さんに平成30年度優良従業員の表彰状と記念品を授与していただきました。
冨永さん おめでとうございます。
青木会頭より、「受賞された皆様の熱意とご尽力こそ、高知県経済活性化の原動力です。これを機に益々の活躍をご期待申し上げます。」との祝辞をいただきました。
これからも社員一同、地域経済の発展に寄与できるよう精進します。